交通事故による肩の痛み(肩関節捻挫)

文責:院長 柔道整復師 新美 徹

最終更新日:2020年07月14日

交通事故で肩を痛めてしまうケース

 交通事故によって、直接肩を打撲するケースのほか、強く手を付いて受け身をした場合や肘・腕を打ち付けて肩が突き上げられるように捻ってしまった場合などに肩が痛くなることがよくあります。
 しかし、たまに肩を痛めた意識がないのに痛みが生じることがあります。
 これは運転するなど乗車中には必ず締めるシートベルトが原因ではないかと考えられます。

 交通事故に遭ったときには命を守ってくれる大切な安全装備ではありますが,交通事故に遭うとそのシートベルトが体を飛ばすのを防いでくれる反面、衝撃でロックされることによって首や肩が強く振られ捻挫してしまうことがあります。

 これらのことが原因で関節の周りの靭帯などの組織や筋肉にキズがつき痛めてしまいます。

交通事故に遭った際の肩の痛みの症状

 腫れぼったい感じで押さえて痛い箇所は「圧痛」といいます。
 筋肉組織などが損傷している所で、分かりやすいのですが、損傷度合いによって痛み方は異なり、一概には言えません。

 肩こりのような重量感が出る場合、関節部に違和感が出る場合、肩を挙げるなど動かしたときに痛みを感じる場合などのほか、腱板(けんばん)という肩の関節のブレーキの役割をする筋肉が強く損傷するなどヒドイ症状の時には安静にしていてもジンジンするうずく痛みが出ることもあります。

 また肩だけではなく腕全体に痛みやしびれが出る場合もあります。

交通事故で肩が痛い時の施術方法

 ケガをされた場所や損傷度合いによって異なりますが、強く損傷していて痛みが強い場合にはアイシングをするなど冷やしつつ炎症を拡散させる処置を行い、時には肩を三角巾で固定するなど安静にたもてる状態にする施術を行います。
 炎症期が過ぎたらソフトな刺激を機器かけ繊細な手技法で修復を促すように施術していきます。
 炎症状態が落ち着いてきて肩の筋肉が固まって痛ければ血行を良くしほぐす施術をします。

 肩の関節の動きが悪ければストレッチや関節機能矯正などで可動性を上げる施術などをして改善を促していきます。

受付時間

 
午前 -
午後 -

○予約不要 □予約制
【月・火・木・金】
午前8:30~午後12:00
午後3:30~午後 8 :00
【水・土】
午前8:30~午後1:00
午後3:00~午後6:00(予約制)
【月~金】
※交通事故被害者の方に限り午後9:00まで対応
【土】
※予約状況によって午後9:00まで対応する日あり
【定休日】
日・祝

所在地

〒457-0846
愛知県名古屋市南区
道徳通3-7
道徳駅から徒歩5分。駐車場6台

052-694-0155

お問合せ・アクセス・地図

PageTop